2017年 8月 の投稿一覧

熟女・中高年のセフレの作り方

熟女や中高年の年齢基準は人それぞれ違うと思います。 「30代はまだまだ若いぞ!」と言う人もいれば、「いやいや30歳はもうおばさんだ!」と言う人もいますよね。 しかし、同じことを言えるのはただ一つ、「熟女や中高年の女性はたいへん魅力的で素晴らしい。」ということ。

10代や20代の女性とは一味違ったセックスを愉しめますし、 なんと言ってもセックステクニックが豊富で上手です。 男性は年を重ねるごとに性に対しての欲が減退してきてしまいますが、 女性の場合は反比例で、年を重ねるごとに性欲が増してくるんですね。

ということは既婚者の女性や未婚者で彼氏がいない女性は、 性の捌け口が無くなってきてしまいます。 それでどうするのか?多くの女性は刺激や一夜の関係、継続的な肉体関係を求めて出会い系サイトを利用するケースが非常に多いんです。

熟女・中高年の女性との出会いが欲しいと思っている男性に、是非一読してほしいと思います。

なぜ出会い系なのか?

上で述べているようになぜ出会い系を利用するケースが多いのか? それは既婚者女性や未婚者の生活リズムにあると言えます。

結婚をしている女性の多くは朝一番に起床して、旦那さんや子供のお弁当を作りますよね。 さらにはお昼は買い出しやお洗濯、部屋のお掃除など主婦は自由な時間がほとんどありません。 休日は旦那さんや子供も家にいるため、ここでも自分一人だけの時間というものがないですよね。

そこでどこにいるときも携帯で簡単に使えて、誰にも知られずに異性と連絡ができる出会い系サイトが最適なのです。 平日の少し空いている時間にサイト内の男性にメッセージを送ってみたり、 休日でもトイレなどで隠れてメールの送受信ができるため、彼女たちにとってうってつけのツールです。

対して中高年の未婚者の女性は、自分の時間はたっぷりとあります。 けれども出会い系サイトを使うというのは、簡単に言うと単に「セフレが欲しい」だけなんですね。 今の中高年の方はネットがそれほど発達していなかった時代でしたので、出会い系で真剣な恋活をしようと思っている人はまず少ないです。

性の捌け口がないので、出会い系サイトでセフレを探そうとしている方が非常に多いです。

熟女や中高年の女性はテクニックがプロ級

20代の女の子と40代の女性のテクニックを比べると、後者の方がすべてにおいてプロ級です。 私が20代の時に何度かそういった女性と出会ったことがあったのですが、 大人の色気と言いますか、もう大人の匂いだけでビンビンだったのを今でも覚えています。笑

現在では出会い系を使えば、 年齢が離れている女性とも簡単に出会えるようになりましたので使わない手はありませんよ。

SM出会い失敗談│メール編

出会い系サイトで最も重要なポイントは会話です。 メールでの会話は貴方の印象、雰囲気、相手に与える自分のイメージを決定付けると言っても過言ではないでしょう。 第一印象は出会って3秒で決まると言われていますが、会話で相手に良い印象を与えないことには、実際に会うまでに発展しませんよね。 ここでは男性から送られてきた内容で、女性が嫌だった、気持ち悪かったと感じてしまったメールをご紹介いたします。

返事が「うん。」とか「そうだね。」とかばかり。
これでは女性側もメールしていてつまらないと思います。 返信からどんどん話題を広げたり、会話が途切れないように意識してください。
いきなり本名を聞かれた。
知り合って間もない人に本名を聞かれると怖がってしまう女性が多いです。対策として何通かやりとりした後、または、自分の名前を先に言ってから質問するといいですよ。
質問をしているのにスルーされて私にばかり質問してくる。
無視されるのは誰でもいい気はしませんよね。聞かれたことに対してはきっちり返事をすることが必要ですね。
返信が毎回10分以内でなんか気持ちが悪かった。
休日、たまになら変ではないのですが、毎回だとそう思われてしまうかもしれませんね。返信をしたい気持ちは分かりますが、少し時間を置くといいと思います。
連絡を1時間以上返していないと相手から一方的に心配メールがきて怖かった。
既に付き合っている、SMパートナーであれば大丈夫だと思いますが、会ったこともない人から何通もくると不気味がってしまいます。もし返事がこなくなった場合は1日、2日置いてからメールを送るのが理想です。
次の日仕事なのに夜寝ている時間にラインが届くことが多くてブロックしました。
基本的に深夜帯などにメールを送るのは避けた方がいいかもしれませんね。
文字が全部平仮名なのは凄く読みづらいのでやめてください。
相手が読みやすいように変換、句読点をいれることも大切です。
どんな質問にも浅い返事ばかりで、ほんとうにSM経験あるのかなと不安に感じた事例。
経験年数を盛ると必ずボロが出てしまうものです。仮に実際に会うことができたとしても、その関係は続くことはないでしょう。ですので、盛ることはせず、正直に自分の経験と見合った女性を探しましょう。
プライベートのことを細かく聞いてこられた事例。
どのあたりまで深く追求されたのか分かりませんが、わたしは家の場所、仕事の場所などこういった細かな情報は聞かないようしています。
年齢は30代なのに画像付きで「〜なう。」で送ってくる人。正直ひきました。
ラフな文章でお互いの距離感を縮めたかったのだと思います。とはいえ、年齢だけで考えるとそういった若者言葉は控えた方がいいかもしれませんね。

SM出会い系サイトってどんなもの?実は普通の出会い系と似たようなものです

『SM』と聞くと、美しい和服で身を包んだ女性がロープから天井から吊るされている光景や、 鞭や蝋燭で責められている光景を思い浮かべ、『怖そう』というイメージを持たれてしまう人が多いと思います。

もちろんそのようなプレイを望んでいる男女の人もいるでしょう。 しかし、『SM』はそれだけではなく、ナースや女子高生の制服を着用してプレイを行うイメージプレイや、 室内ではなく、公園や駐車場でセックスをする野外セックスなど、アブノーマルなプレイは数えきれないほどあります。

そんな変態願望を実現するためにあるのが、『SM出会い系サイト』なのです。

SMではない、一般の出会い系サイトはどちらかと言えば、友達探しや恋人探しなどに活用する人が多いですね。 それとは違って『SM出会い系サイト』は、セックスが前提になりますので、アブノーマルな出会いを探すのであれば、『SM出会い系サイト』が最適です。

「アブノーマルな出会いがほしい人なら専門のサイトが最適ですよ。」

SM出会い系サイトを利用する上一番で大切なこと

まず、登録して一番にすることはプロフィールを記入することです。 ここに最大限の時間と労力をかけてください。この他に時間や労力をかけることはもうありませんから。笑 プロフィールを書くか書かないかで、出会える確率は何百倍もの差があるのです。

大抵の出会い系サイトは登録する流れで、自己紹介欄を記入する部分があると思います。 「早く女性を探したい。」「登録してから改めて書こう。」と言った理由で、 「よろしく。」や「募集中です。」と、しょうもない文章だけ書いて終わってしまう人が多いです。 そして、それ以降プロフィールを一切修正することなく、適当なままなんです。

これではせっかく力を入れてメールや掲示板を書いたのに、女性が自分のことを気になったとしても、 そんな適当に書いてあるプロフィールを見て、一瞬で幻滅してしまいますよね。

プロフィールはネット上での自分自身の『顔』です。 自己紹介を適当に終わらせるということは、寝起きの寝癖を直さず、髭もボサボサで不潔な『顔』でナンパしているとのまったく同じなんです。

とはいえ、そんな顔してナンパをしている男性は非常に多いです。 パッと見て「あ、適当だな。」と感じるプロフィールページは、明らかに過半数を超えています。 この時点で大きなハンデを背負っているわけですが、それ以上に恐ろしいのはそれにまったく気づいていないということです。

『丁寧にメールを書いているのに、どうして一通も返信がないんだろう。おかしいな…。こいつもしかしてサクラじゃないのか? いや、このサイトはサクラしかいないんだ!』

・・・なんて疑心暗鬼に陥ってしまう人も実際にいるわけです。 でもまずは相手を疑うより、自分を疑うようにすれば世界が変わりますよ。 いままで一度も出会えなかった、いい思い出がなかった人は、プロフィールを適当にしていたという心当たりはありませんか?

メールの頻度は大切ではない

メールを送る際の内容はテンプレNGです。という言葉を耳にしたことはありませんでしょうか? たしかに誰にでも遅れそうな内容の、完全テンプレは印象がよくありません。 とはいえ、毎回一人一人違ったメール文章を考えるのは、時間もかかりますしとても大変です。

理想で言えば一人一人違った内容を考えるのがベストなのかもしれません。 ですが、必ず返事が返ってくるならまだしも、返事が返ってくるか分からない段階でそこまで時間をかけるのはあまりに非効率です。

なので私のいつもやっている方法は、メール内容の8割は前もって考えておいたテンプレで、 残りの2割は相手のプロフィールを見て、それに対するコメントちょっと付け足す感じにしています。

例えば女性のプロフィールに、趣味は音楽鑑賞と書いていた場合は・・・


はじめまして、●●に住んでいる●●です。 良かったらよろしくお願いします。 ※ここまではコピペです。


音楽鑑賞が好きなんですね。 ぼくもよく音楽聞きますよ! ●●さんの好きなアーティストはだれですか?


なんて風に、相手にしっかりとプロフィールを読んでいますよとアピールをしつつ、貴方に興味があります、という雰囲気を伝えられればいいんです。 別にほんとうに音楽鑑賞が趣味じゃなくてもいいんです(笑) ただ、話を合わせるだけでいいんです。

まったく知らない歌手の名前が好きと言われたとしても、ネットで検索すればすぐに分かりますし、有名な曲だって一発で分かってしまいます。 ほんとうに便利な世の中になりましたよね。

女性は共感してもらいたい、つまり自分が承認されるようなことを言われれば喜ぶものなんです。 「ぼくもそのアーティスト大好きだよ!●●●なんていい曲だよね♪」 なんて、超適当なことを言ってしまえばいいんです。

ですが、だらだらと世間話をする必要はありません。 お互いの目的はメール友達を作るのではなく、SM行為であるのですから。

最初の2通〜3通だけ自分のこと相手にアプローチする、逆に相手の雰囲気を知るためにメールすれば十分です。 そこから先は実際に会ってみないと分からない部分が多いですからね。 特に普通の出会い系と違って、SM出会い系サイトで会う場合はセックスが前提になるわけですから、趣味などの相性よりも、体の相性を重視する女性が多いです。

メールは会うためのツールであることを、忘れないようにしてください。